人気ブログランキング | 話題のタグを見る

中川イサトさんの訃報

私たちのギター人生に多大なる影響を与えてくださった、中川イサトさんの訃報をSNSで知りました。ニュースでも掲載されてました。
中川イサトさんの訃報_f0373339_02295661.jpeg


……
ご縁に導かれるまま東京のギター教室に可能な限り毎週新幹線で通っていたのを、昨日のことのように思い出します。中央線懐かしい。
訃報を知りびっくりしてお友達に伝えました。今はただ・・なんとも言えない空虚感と驚きでいっぱいです。たくさんのリスナー、たくさんのギタリストに影響を与えた方なので、もちろん私だけじゃなく、みんな同じ気持ちだと思います。
心を落ち着かせるためにも、また、イサト師匠への弔いの気持ちを込めて、私の拙い文章表現で申し訳ないですが、心をこめてこのブログを書きたいと思います。
長いですが、読んで頂けたら嬉しいです。

イサトさんとの出会いは、通っているギター教室でコード弾くより指弾きやりたい!と思った時(ギターはじめて3~5年くらい経った頃かな?)、先生がイサトさんの曲「Opus-1310」を教えてくれてかっこいい曲だなと思ったところから始まります。これはフィンガーピッキングとしては2曲目に挑戦した曲でした。難しくて全く弾けなかった。思えばギター教室の教則本もイサトさんの本だった。そこから出会いは始まっていましたね。
そして色々と曲を聴き、「Goosefoot」にすすみ、「Shadowy Key」で大爆発!なんて素晴らしい曲を書くのかとずっとその曲をリピートしてただひたすら聴きまくる日々が続きました(その時は教室通ってたけどそこまで練習してなかった)。
イサトさんを遠くから勝手に憧れている毎日でした。

そして時は来た。
イサトさんを初めてこの目で見たのは、2006年10月22日?の空港でのイベントでした。ステージでたくさんの名の知れたアコースティックギタリストが出演しており、私は「イサトさんが来るよ!」と教えてもらってギター教室のお友達と訪れました。皆でいけば心強い!恐縮ながら演奏前のイサトさんに話しかけてとてもドキドキしながら軽くお話させて頂いた記憶があります。とても気さくに返事してくださって、携帯にサインをして頂きました。これは本当に、その数日後もサインもらったの信じられないほど心が高揚していました。
2回目の出会いは、2007年2月2~4日に熊本県で行われた【阿蘇ギターセミナー】。当時まだSNSが現在ほど流通していない時でしたが、イサトさんのHPを気にかけて見ていてギターセミナーを開催するとの情報を入手!セミナーは毎年の開催ではないので今受けなきゃ次いつになるかわからない!といった衝動に駆られ、絶対行くと決める。当時はまだ年が若く、親に飛行機で熊本、しかも一人で2泊・・もちろん行くのを激しく反対されましたが無理やり行きました。セミナーでは男性が多く、女性の参加者は3人でした。またセミナーでは夜に生徒たちの有志発表会があり、イサトさんの前で演奏ができるとのこと(これは知りませんでした)。もちろんセミナーを受けて直にお話が聞けたり指導をして頂けるだけで十分だと思っていたし(イサトさんは本当にそれくらい神々しかった)、そもそも弾けないし、他の方のライブを見たりする機会がなかったので純粋に楽しみだな、と思っていました。ですが、「弾かないの?」「イサトさんに聴いてもらえるんだよ?」「愛知県からはるばる来たのに弾かないの?」と何度も「弾きませんよ、弾けませんよ、下手ですから、次のセミナーがあったら次に弾かせて頂きます」と言っていたのですが、女性の参加者の一人nabeshimaさんが何度も何度も何度も私に声をかけてくださって、思い切って演奏させて頂くことに・・・!
ギタリストを目指す分岐点はそこだったと思います。その日を境に人生が変わりました。
①阿蘇セミナーに参加でき、かねてからの憧れの人から直々に指導して頂いた、ということと、(出来はともかく)②大きなステージでイサトさんの前でイサトさんの「Shadowy Key」を弾くということを経験させて頂いたこと。あの時、この2つが揃っていなかったら今の私はなかったです。
その後は、イサトさんより嬉しいお言葉を頂き東京の教室へ通わせて頂くことになり、ご縁がより強くなりました。全てが夢みたいでした。
それからギターに対する気持ちが一変し、それ以降は本当に今までの私じゃないくらいにギターにのめりこみ、ずっと練習していました。
ギターに対する情熱は今もあのときと何一つ変わっていないと断言できる。そしてあのときの光景がすぐ蘇ります。それほどキラキラ輝いた素晴らしい日だった。

イサトさんの教室に通ったり、また、イサトさんが名古屋でライブをやられるときは聴きに行ったり(告知する前にチケット完売になってた。mixiの頃ですね。)、五つの赤い風船のコンサートも聴きにいったり、お手伝いさせて頂いていた「ひまわり」でイサトさんがライブをやってくださったり、名古屋でのギターセミナーに何度か参加させて頂いたり。

イサトさんを通じて、たくさんのお友達とのご縁を頂きました。イサトさんがいなかったら、出会えなかった方々がたくさんいます。そして、たくさんの音楽を教えて頂きました。
音に対しても人に対しても厳しい人でしたが、とても人間味あふれる温かな人でした。
爪のピンポン玉補強、私も真似してやってみた。懐かしい。奥様と名前が一緒のことからおうちのことやお子さんのお話をしてくださったり、ガットギターを弾くようになってからもアドバイスくださったり。。思い出たくさん溢れてきます。年賀状送っていたので結婚して娘が産まれたことも知っていてくれているはず。ブログを見ると、2015年12月16日、2016年10月14日にライブを聴きに行ったのが最後でした。一緒に撮って頂いた過去の写真たくさんありますが、抜粋して少しだけ載せさせて頂きます。

本当にたくさんの方に影響を与えた偉大なギタリストでした。
頂いたセミナーでの教材や、サイン、写真などは、この先もずっとずっと宝物で礎になります。イサトさん、ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。

2007年2月阿蘇セミナーにて
中川イサトさんの訃報_f0373339_02273472.jpeg
中川イサトさんの訃報_f0373339_02503741.jpeg
中川イサトさんの訃報_f0373339_02504321.jpeg
2007年6月ギター教室にて
中川イサトさんの訃報_f0373339_02210944.jpeg
中川イサトさんの訃報_f0373339_02213344.jpeg
教室で私の誕生日も祝って頂きました。信じられません。
中川イサトさんの訃報_f0373339_02214297.jpeg
2007年6月 還暦ライブにて(中津川・鼓土里座)
中川イサトさんの訃報_f0373339_02215298.jpeg
中川イサトさんの訃報_f0373339_02215894.jpeg
2008年6月 高丘フォーク村・ひまわりにて
中川イサトさんの訃報_f0373339_02221672.jpeg

2015年12月 りとるびれっじにて
中川イサトさんの訃報_f0373339_02225421.jpeg
中川イサトさんの訃報_f0373339_02230019.jpeg
2016年10月 源にて
中川イサトさんの訃報_f0373339_02251095.jpeg

by seki-tomoko | 2022-04-09 00:56 | 雑感 | Comments(0)

アコースティックギタリスト せきともこの活動記録


by せき ともこ